WORKS

F HOUSE

人と街と環境に優しい手づくりの家

F邸は、「人と街と環境に優しい手づくりの家」をテーマにした建物です。
「人と街と環境に優しい」は文字通りですが、施主要望やコスト、機能、品質、デザインのトータルバランスの中で、「人」「街」「環境」を「思い」できる範囲で配慮した住宅です。

「人に優しい」は、
・家族を感じられるオープンなプランニング
・体に害の少ない素材の使用
・自然の光、通風を取り入れた室内空間
・機械にできるだけ頼らないエアムーブ工法の採用
・段差を少なくしたり、手摺設置等高齢者対応等による配慮を特徴としています。

「街に優しい」は、
・周辺隣戸の前庭配置を踏襲し相隣環境(日当たりや通風の確保)を保証した配置
・デリカシーのないメーカー住宅に合わせての調和でなく、素材感のある仕上げによる街並みの対峙による調和
・カーポートやバルコニー等の表出による街並みの変化
・土間やアプローチ脇のベンチ等、街に開かれた装置等による配慮を特徴としています。

「環境に優しい」は、
・雨水の貯留(天水桶による雨水利用)、雨水浸透升の設置
・電気や機械にできるだけ頼らない高気密高断熱による室内環境の確保
・高耐久の構法
・できるだけリサイクル可能な素材や自然素材の使用等による配慮を特徴としています。

「手づくりの家」とは、かつての民家の知恵を学び、自然な家を職人さんの腕を活かし共に造って行くという意味を込めています。
メーカー住宅をはじめ、住宅は機械化・工業化・合理化により物としての商品となりました。
機械化・工業化・合理化はある程度必然とも思いますが、「住まい」は「人」を感じ生き続けるものだと考えています。家は「施主の思い」「設計者の思い」「施工者や職人の思い」、ものをつくるプロセスや住むことにおける、様々な人々の「心」の集約ではないでしょうか。

key wordはNaturalです。
できるだけ自然体で自然な住まいができればよいと思っています。
テーマはいささかおこがましさもありますが、F邸は、本コンセプトへの一歩だと考えています。

所在地千葉県松戸市
主要用途専用住宅
敷地面積177平米
建築面積86平米
延床面積158平米
構造規模木造在来工法/2階建て+ロフト
外部仕上げ屋根:ガルバリウム鋼板 外壁:ガルバリウム鋼板/珪藻土
内部仕上げ床:コルクタイル 壁:天井:塗装仕上
竣工年2000
施工者(株)参創ハウテック
その他備考